Love's Lines,Angles And Rhymes 愛の輪舞

祝CD化!
Loveslinesandangels
ジャジャーン!
フィフス・ディメンションといえば、最も多くのローラ・ニーロナンバーをカヴァーし、商業的な成功も収めた、まさにローラ・カヴァーを語る上で最も重要な存在。前項「東芝音楽工業」ネタのコメント欄でもちょうど「フィフス・ディメンションのライブ、なぜCD化されないのか?」などと訝っていたところ、抜群のタイミングでCD化の朗報が入りました!いままでCD化されていなかった後期アルバムが再発CDレーベルCollectors'Choice Musicからリリースとなったようなのです。(HMVジャパンのHPによると3月30日発売予定)

さーて、ここで今回のCDと収録のローラ・カヴァーのおさらい。
Portrait/Love's Lines,Angles And Rhymes
アルバム"Portrait"には"Save The Country"が収録、"Love's Lines~"には"Time And Love"、"He's A Runner"の2曲が収録。特に"He's A Runner"はもしかして初のCD化では?Group Homeというアーティストが"Supa Star"という曲で、このフィフス版の"He's A Runner"をサンプリングしているらしいのですが、未確認です。。(確認した方は、どんな使い方だったか教えて下さい~。)

Live!
アナログでは2枚組みのライブ盤でした。ここで聴けるのはなんと怒涛のローラ6曲メドレー!
Laura Nyro Medley="Stoney End/Stoned Soul Picnic/Sweet Blindness/Wedding Bell Blues/Save The Country" さらにメドレーとは別に"Eli's Coming"。もしやStoney EndとEli's Comin'はライヴ盤オンリー?もしもそうなら、もったいなーい。

Individually And Collectively/Living Toget
"Individually and Collectively"には"Black Patch"収録。これはベストCD2枚組にも入っていた名曲。De La Soulもあの印象的なアカペラのイントロをサンプリングネタに使っていました。

というわけで、アナログ入手もさほど困難ではないタイトルでしたが、それでも世の中、音楽好きでさえアナログプレーヤー持っていない人が圧倒的に多いという現実の中、此度のCD化はまことにウレシイ限りです。

★Love' Linesつながりでとっておきのnyro-esqueものをひとつご紹介。
Enlightenment
●Dorothea Joyce/Enlightenment
(Evolution3015)1972
Dorothea Joyceとは何者なのか?当方は寡聞にして知りませんが、上記のフィフス・ディメンションのアルバムのタイトル曲で、1971年4月にビルボードチャート19位のヒットを記録した"Love's Lines,Angles And Rhymes"の作曲家です。もともと作曲家として活躍していたようで、この1972年のこのアルバムではセルフカヴァーという形で歌っています。神秘的な静けさで始まって、神の啓示の光が差しこんでくるかのような盛り上がりをみせる後半のドラマティックな展開が、あ~ら不思議、Nyro-esqueなんですなあ。
これを聴くと、もしかしたらフィフス・ディメンションが「次にどの曲を歌うか」とカタログを検討する際に、これまでに抜群に相性のよかったローラ・ニーロを念頭において「ローラのような女性アーティストの曲」を探してDorothea Joyceのナンバーに出会ったのでは?なんてなことを想像してしまうのでした。(本当のところはどうやってこの曲を歌うに至ったのか全く知らないのだけれど・・・。)
ともかく、このアルバムはLove's Lines~以外の曲も全てヨシ、そして歌唱もヨシ、ローラファンにはおすすめのアルバムです。
Dorotheasheet0015
*某氏に譲っていただいたプレスリリースに載っていたDorotheaのポートレイト

| | Comments (31) | TrackBack (0)

速報♪Kenny Rankin来日決定!

Imgp0266
Laura Nyroとのデュエット"Polonaise"をレコーディングしたこともあり、また、その音楽的志向からも「LauraファンでKenny Rankinも好き」という方は多いのではないかと思います。最近では名作「銀色の朝(Silver Morning)」のCD化などでも注目が集まっているようですが、そのKenny Rankinの公式サイトのコンサートスケジュールにTokyo,Japanの文字が!丸の内のCotton Clubにて、11月15~19日の5日間とのこと。これは行かねば~!
たまたま、ケニー・ランキン・イン・コンサートのDVDを最近観たばかりで、いつかナマで観たいなー(今まで観たことがないのです。)とぼんやりおもっていたのが、予想外に早く実現しそうでびっくり。今から本当に楽しみです。
ちなみにこのDVD、おまけ?でインタビュー映像がついているのですが、「好きなシンガーはシナトラ、スティング、ローラ・ニーロ」とはっきりおっしゃってますね。(ソングライターとしてではなく)シンガーとしてのローラをお気に入りに挙げているというのがちょっとおもしろい。
また、ライブ盤CDBottom Line Encore Collectionの中ではLauraの"Time And Love"を披露していますが、果たして今度のジャパンツアーではローラナンバーが聴けますかどうか、それもnyromaniaのひそかな楽しみです。

Imgp0264
ドーナツ盤の穴からウチの猫を撮ってみた。意味はナイ。おふざけですみません。

【追記】
なんといってもPolonaiseの頃のレコード会社の問題でお蔵入りしてしまったアルバムがリリースされることを切に希望してやみません。。

| | Comments (86) | TrackBack (1)

Singer Songwriter Favorites

lottigcherylernstrenasinakinsiraniairintheonewendywaldmancarolinepeytonlode

昨年「トッド・ラングレン&ローラ・ニーロナイト」と題してDJイベントをやった際にお世話になったRUBENさんが「Singer Songwriter Favorites」というお題で女性SSWものをかけるイベントをやりましょうとお声をかけて下さったので、ローラ・ニーロ的な女性アーティストを集めて45分ほどレコードをかけてみました。
選曲にはいろいろ悩んだのですが、6人もDJがいるのでネタかぶらないようにしつつ、ということでちょっとクセのある感じばかりになってしまい、結果的にあまりウケませんでした。自分はおもしろかったけど。

●My Set List〜Nyroesque women特集●

Lotti Golden/Motor Cycle Michael
Cheryl Ernst/He Moves Me
Rena Sinakin/Make Music
Sirani Avedis/Witch's Call
Air /Baby I Don't Know Where Love Is
Annette Peacock/Pony
Wendy Waldman/Western Lullaby
Caroline Peyton/Party Line
Lode/Legs & Arms


| | Comments (53) | TrackBack (0)

「ローラ・ニーロが凄いことになってます!」


今日、ひさしぶりにお茶の水のディスクユニオンに行ったのは、キーフ・ハートリーの自伝本を買うためだった。最近はもっぱら通販で、ユニオンに限らずレコード屋じたいにまるで足を運んでいないので、肩ならしに最上階から軽く流すか〜と4階に来たところ、なんと壁面の一角がローラ・ニーロで埋められていた。1stのDJコピーやUKモノラル盤にSmileのプロモキットにEliのシングル…。ついでにレジのカウンターまでWedding Bell Bluesの広告のコピー(ローラがウェディングドレス着てムッとした顔してるアレね)が貼られている。で、「ローラ・ニーロが凄いことになってます!」と冒頭のあおり文句があったわけ。よく見れば値段がついてない。つまり今週の土曜日に放出しますよ、ということらしい。
うーん。自慢じゃないがこの手のセールに朝イチから参戦したことは今まで一度もない。起きられないもん。でも確かに、余力があればモノ盤は欲しいとずっと思っていた。そもそもカバーだのNyroesqueだのって、道を踏み外しているから、ここらで気持ちを引き締めて、本命に力を注ごうかしらん…。
何か毒気を抜かれたような気分で、フロアをおりて英国ものCDの新入荷アイテムをひととおりチェックするが、どうも気分が乗らない。結局目当ての本もまだ発売されておらず、なぜかEvie SandsのCDなんか買ってみたりして。さらに、あーどうしよどうしよと夢遊病のように途中駅で降りてまた別のレコード屋で漁ってみる。収穫なし。こんな気持ちのままじゃ帰れない…とまた別の店で漁る。買いたいものがナイ!いいかげん長時間漁っているとますます後に退けないので焦る。で、すがるようにMargie Adam"Songwriter"を買ってきた。(一応Evie Sands もMargie AdamもNyroesqueという評価アリの人)
margie

今、Margie Adamを聴きながら、土曜日のセールに挑むべきかどうか、いまだ決心がつかずにこんな独り言を書き込んでいる。

| | Comments (21) | TrackBack (0)

Google "Googie"!(Googieを探せ)

air.JPG
Air/Air (Embryo SD 733)1971
Googie:vocals,piano,organ&harpsichord
Tom Coppola:organ&piano
John Siegler:bass
Mark Rosengarden:Drums

これも"Nyroesque"をキーワードに買ったアルバムです。
Herbie MannのレーベルEmbryoから1枚のみアルバムを出している"Air"。
ジャケットからしてちょっとやってくれそうな感じですが、果たして、大アタリ。
フォーキーな感触のジャズグルーヴ。なにより女性ボーカルGoogieがいい。レコーディングの情報などからどうやらGoogieはローラと同じ、Bronxの人らしい。

とても気に入ったので、ボーカルにうるさい?絵胡麻センセイにもお聴かせしたら「何もそんなにうたいあげなくても…」の評。するどい。
うーん、言われてみればそのとおり。声に力があるだけに、ちょっとしつこく感じられないこともない歌いっぷり。
でも、とにかくこのGoogieに惚れてしまったので、他の作品も聴いてみたくなって探してみた。
合言葉は Google "Googie"!(Googieを探せ!)
で、あまり情報は多くなかったが、わかるだけ集めてみた結果。
GoogieはAirの後、David Matthews"Dune"、Flora Purim"Encounter",John Blair"We Belong Together"、
Jeremy Steig"Firefly"、Ray Barretto"Can You Feel It"などのアルバムに参加して、コケティッシュな声を聴かせてくれている。(Hermeto Pascoalのアルバムも参加しているはずだが、ちょっと不明。どれだったのか?)
"Air"の時にちょっと気になった歌い上げ調のところはなく、かなり軽やかに洗練されていて、聴きやすくなっている。その分、Nyroesqueなところは全くない。
参加作品の中でも特にJeremy SteigのアルバムはGoogieの作品も数曲あり、ボーカルもかなり前面に出ていて、彼女のアルバムと言ってもいいような存在感。もちろんJeremy Steigもすごくカッコイイんだけど、タイトルまわりに彼女の名前も出してほしいくらい、Googieがよい。
もっと彼女が主役の作品が聴きたいとおもっていたところ、ありました。このFireflyに収録されていた自作曲"Everything Is Coming To The Light"も入っているTom & Googie Coppola名義でのアルバム"Shine The Light Of Love "(CBS1980)。もうひたすらライトメロウでございます。楽曲も歌もポップで万人に受ける心地よさでしょう。

でも、でもね。Nyroesqueを求めているときには、Airのときのちょっと無骨な歌い方も、捨てがたいんです。

◎Googie Coppola参加アルバム◎
firefly.JPGshine.JPGflorapurim.jpgraybarretto.JPGdune.JPGjohnblair.JPG
googie.jpg
この横顔はJohn Blairジャケットの裏側の写真です。キャロル・キング風?

CD available
Bird in a Silver Cage/Fire Island
Encounter

| | Comments (1669) | TrackBack (0)

「カワイイねーえ」

sandy2.JPG
よく有名芸能人とそっくりな女が出てくるアダルト映像とやらを
"あ○や?"とか書かれた写真で紹介されてたりするが、あまりに似てなくて笑ってしまうようなものが多い。
("紋舞らん"とかは別として)あれはきっと愛があふれすぎているだけなのだ。
きっとたいていの女が「あやや」に見えてしまう精神状態に違いない。
その気持ち、よーくわかる。私の場合もたいていの自分好みの女性アーティスト作品にローラを見てしまう。
もう似てるとか似てないとかは正直言ってよくわからん。

*Essra Mohawk (aka Sandy Hurvitz)
Sandy Hurvitz名義のアルバム"Sandy's Album Is Here At Last!"をリリース。続いて"Essra", "Primodial Lovers ""Essra Mohawk"などのアルバムをリリース。作風は少し変化しているけど、全部ハズレなし!
しかしむしろ80年代に入ってからのCyndi Lauperの曲など、作曲家としての成功のほうが大きかったようです。
ちょうど初期のアルバムが人気を集め再評価の気運も高まって来たところ、エアーメイルがCD化リリースしたとき、やはりローラ・ニーロの名前がひきあいに出されていました。
でも、似てる、似てないというより「ローラに匹敵する才能の女性SSW」という表現で、それは納得。

そして、CDリリースと同時期の2002年春には初来日ライブがあり、梅島の「ゆうことぴあ」でのライブを観ましたが、それはすばらしかった!
彼女は本当にかわいらしい人で、人懐っこい笑顔が魅力的。ライブはこの時にCD化された初期作品からの選曲は意外に少なかったと記憶しています。Sandyのアルバムからの演奏を聴いた時、あ、やっぱりローラに似てる!と瞬間的に感じさせるものがありました。レコードを聴いた時はそんなに似てると思わなかったのに。
しかしライブの間、音楽を聴きにきたのではなさそうな、ちょっと酔っぱらったオッサンがいて、
でっかい声で「カワイイねーえ」としきりに言っていた。
おぢさん、気持ちはわかるが静かにしてくれーと私もイライラしてたのだが、やはり見兼ねた客かスタッフがおぢさんを黙らせようとして、ちょっとヤバい雰囲気に。
でもそんな中できちんと演奏しきった彼女にも感心。
それにしてもあの「カワイイねーえ」というのが妙に耳に残ってしまった。たしかに、かわいかったのです。

ライブ後に気軽にサインや写真撮影に対応していたので、私は"Primodial Lovers"のブックレットにサインをもらいました。ご本人、それを見て「これは珍しい」だって。えへへ。なんと返答したものか困ったけど。

auto3.jpg
ライブ会場で売っていたポートレート、当日と同じドレスでの写真。こちらにもサインをもらう。
前述のブックレットにはPrimodial Loversのタイトルと雰囲気をあわせた書体でサインしてくれたようで、
こちらが'素"のサインみたい。

| | Comments (55) | TrackBack (0)

"Nyroesque"にハズレなし?

musica2.JPG
Musica Orbis/To The Listeners
(Longdivity LD1/1977)

ニーロマニアの悲しき性(さが)で、レコード屋さんのコメントや雑誌のレビューなどで
「ローラ・ニーロ風」とか書かれていると、とにかく聴いてみずにいられない。
実際買ってみると、「うーん、ローラ風かなあ?でもよくできてるからまあいいかー。」ってのが多い。
ローラ風で◎
ローラ風味は薄いけど○
ローラ風のところもあるが内容はつまらない△
ローラ風でもなく内容も…がっくり●
のどれにあてはまるかというと、ほとんど◎か○というような感じ。総合的に大ハズレは少ないかも。
で、「ローラニーロ風」(英語でNyroesque)のフレーズを見たら、とりあえず買い!
という愚行に走ることになって数年…まあ、中古レコード屋のいいカモですわ。
で、これよりそのようなお買い物の中で気に入っているものをきまぐれにアップしてみようかとおもいます。

というわけで、このMusica Orbis。
我が座右の書"Rock Diving Magazine"でも紹介されてたはずなので、その筋では有名なのでしょうか。
ペンシルバニアのMellow Candleと言われているようだが、(本当か?というかその例えで膝を打つ人って何人いるの?)
Mellow Candleはローラ・ニーロ的とは言われていない。(よね?)
女性ボーカルKitty Brazeltonが時々確かにローラっぽくて、特にA面の"Red Winds"という曲の歌い出しは「うっ!似てる〜」。
全体にはプログレッシブロック的な展開の曲が多し。ローラ度は低いけど、ジャズロック好きならおすすめ。
前述のKittyさまは今も音楽活動しているようで、HPではMusica Orbisについても詳しい情報アリ。

musicaorbiscertify.jpg
なぜか手書き(カリグラフィーが素敵)でシリアルナンバー入りの鑑定書?がついていた。
まん中はレコードレーベルが貼付してあります。全員のサインまで入っている。
しかしこのようなものをわざわざつけるのはなぜなんだろう。
そんなに高いレコードじゃなかったけどなあ。

| | Comments (40) | TrackBack (0)

The Name Game

shirleyellis.jpg
The Complete Congress Recordings
Charlie Callelo曰く、"Eli's Comin'"のリズムは自分がプロデュースしたShirley Ellisの"The Name Game"から来ている、という。トロンボーンがポイントのようだが、The Name Game を聴いてすぐ"Eli's Comin'"を連想する人はそんなにいないのではないだろうか。どうでしょ?
さて、このThe Name Game 、説明すると難しいが、人の名前を頭文字を変化させながら歌うというもの。ノベルティソング的で、めっぽう楽しい。ゲームのルール説明もシングルのジャケットに詳しく載ってたようで、CDのインナーにその一部が見える。単語の頭の音を順に変えていくわけですが・・・ちょっと音数の合わない名前の時はやりにくそう。

「SHIRLEY」の場合
SHIRLEY !→「BO」→「BIRLEY」→BANANA FANANA 「FO」→「FIRLEY」→FEE FI「MO」→「MIRLEY」

うーん。わかりにくいかなー。
そういえば、子供のころ歌いませんでした?
「かっちゃん "か"がつく ○○屋のかーすけ かってかられて かりころされた」とかいうの。あー全然違うか。

名前っていやあ、結構ローラの曲って人の名前がよく出てくる。(※リスト)
ストリートで見かける風景の中のいろいろな人物が、名前をつけることによって、生身の人物として生きてくるんだろう。実在のモデルがいるのかどうか不明だが、あれこれ想像してみるのもおもしろい。
私は勝手に"Lu"はお父さんの"Louis"かなー、なんておもってたけど、フィルモアのライブで"Flim Flam Man"とメドレーになってたので、ちょっと違うキャラクターかも。
Luについてはサビの"ルーイールイルイ"の部分にKingsmen"Louie Louie"の影響を感じる人もいるようだけれど、デモやライブで"ルーイー ルイー"とゆったり歌っているのを聴くと、直接的に影響はないようにおもう。

※ローラ・ニーロの歌に出てくる人名(&出てくる曲名)
ビル*Bill   (Wedding Bell Blues)  
ビリー*Billy  (Billy's Blues) 
ジョー*Joe   (California Shoeshine Boys ,Goodbye Joe, Farmer Joe)
シンディ*Cindy  (California Shoeshine Boys)
スーザン*Susan  (Lazy Susan)
ラッキー*Luckie  (Luckie)
ルー*Lu (Luie) (Lu )
エミー*Emmie (Emily)  (Emmie)
リリアナルー*Lillianaloo  (Captain For Dark Mornings)
ロージーパール*Rosie Pearl   (Tom Cat Goodbye)
トム*Tom (Tom Cat Goodbye)
ジョニー*Johnny (Stoney End,Tom Cat Goodbye)
フランキー*Frankie   (Tom Cat Goodbye)
ジョーンズ*Jones  (Blackpatch)
エディー*Eddie   (The Cat-Song)

| | Comments (42) | TrackBack (0)

ローラ似色

nyroumbrella.jpg
affinity.jpg
「すべてのレコジャケはバナナにあこがれる。」(安田謙一+市川誠著/太田出版)は、レコードジャケットのパロディ(偶然も含む)を集めた本で、一見すると「ジャケット天国」という本(音楽出版社)と同類の本にも見えるけど、違う。
薄い本だし安っぽい用紙だし、そのわりに1000円かあ〜などと思った人もいるだろうが(私がそうです)、読んでみれば中身はみっちみちです。楽しいです。決して高くありません。
えーとローラ・ニーロの話は出てきません。念のため。なので自分で相似ジャケット探そうかと決意。見つかったらアップしようか。でもなんだか気のきいた文を添えることはできそうにない。
佐井好子「蝶のすむ部屋」のジャケットは「イーライ」に似てるそうだが、見たことないからなあ。
でも、そんなに似てたら内容にも期待してしまうな。
Wendy Waldman のベスト盤CDのジャケット写真なんか、どことなく表情がローラに似ていて、これはイケルはずだ!と直感したけど、やはりその期待を裏切らない「ローラ度」だった。

ジャケットじゃないけど、傘をさすローラの後ろ姿の写真にリンダ・ホイルを見たのであげときます。
ついでにベルナール・フォコンのナントカいう作品も、似てます。

| | Comments (36) | TrackBack (0)